TOP

婚活のことならSucmaで。婚活をスムーズに進めるためには結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイト、マッチングアプリなど、各種婚活サービスの利用をおすすめします。Sucmaではこれらの婚活ツールをわかりやすく比較し、あなたにとって最適なものを導き出せるようなコンテンツを更新しています。

その他、婚活のやり方や婚活にかかる費用など、婚活を進めるにあたって必要な知識もわかりやすく解説しています。

あなたにぴったりな婚活サービスは?フローチャートで診断!

フローチャート

婚活サービス別おすすめランキング

※気になる婚活サービスをタップしランキングを切り替えてください





IBJメンバーズ

IBJメンバーズは、日本結婚相談所連盟の運営もしており、全体の会員数は約65,000人と業界トップです。男女比率もほぼ1対1なので、出会いのチャンスが多い結婚相談所といえます。

IBJメンバーズでは、希望条件や結婚観、価値観などをカウンセラーと相談し最適な婚活プランを進めていくことができます。

パートナーエージェント
パートナーエージェントのバナー

パートナーエージェントは、成婚率業界No.1を謳う大手の結婚相談所です。全国15都道府県に24店舗の支店を持っています。

年間のお見合い数が309,428件、成婚数も4,800名と多くの会員の結婚を後押し、1年以内の交際率が90%を超えています。

サンマリエ

サンマリエは創業39年の老舗の結婚相談所です。1年以内に成婚した人の平均活動期間は4~5ヶ月。30代・40代の会員が8割を占め、大人の婚活ができる結婚相談所として人気です。

会員のライフスタイルにあわせた出会いのコンテンツが充実しており、AIによるマッチングシステムや会員限定のお見合いパーティー、期間限定のお見合いイベントなど自分にあった出会い方をみつけることができます。

エン婚活エージェント

エン婚活エージェントは、人材関連サービスで有名なエン・ジャパンが運営するオンライン完結型の結婚相談所です。実店舗を持たず、オンライン上ですべてのサービスを提供することで圧倒的な低価格を実現しています。

月額12,000円で毎月6人以上の紹介が保証されており、さらに自分からも毎月最大10人にアプローチできます。

オーネット

オーネットは会員数50,041人と業界最大級の結婚相談所です。2019年の成婚カップル数は2,838組と実績も確かであり、全国に51店舗を構えているため、どこに住んでいてもサービスが利用できます。

オーネットのデータマッチングは、会員が200項目以上の条件を登録し、条件がお互いに一致する人だけを紹介してくれます。

ツヴァイ

ツヴァイ(ZWEI)は大手イオングループが運営する結婚相談所。独自のマッチングシステムと年間最大228人の相手を紹介できることが強みです。

スマホやPCから自分で相手を探して申し込みをする”価値観マッチング”やプロフィールをみて毎月10名に申込みができる”出会いの広場”など、自分から申し込みを行うシステムも充実しています。

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、大手婚活サービス企業のIBJが提供する婚活パーティーサービスで、大規模なパーティーから小規模のパーティーまで多くのイベントを企画開催しています。趣味コンやエンタメイベントの企画数も豊富で、価値観が同じ異性の方との出会いたい方にはおすすめです。

PARTY☆PARTY では、PCやスマホから参加できるオンラインパーティーも開催されており、かっちりした雰囲気のパーティーが苦手な人も自宅から気軽に参加することができます。

OTOCON(おとコン)
OTOCONのバナー

OTOCON(おとコン)は、大手結婚相談所のパートナーエージェントが運営する婚活パーティーサービスです。パートナーエージェントの会員さんもパーティーに参加しているため、結婚への本気度が高い人が多くいます。

料金設定は男女ともリーズナブルで、男性が2,000円~、女性は1,000円から参加できます。また、早割を使うことでさらにお得に利用でき、Pontaポイントがたまるなど嬉しい特典もあります。

エクシオ
エクシオのバナー

エクシオは知名度、参加人数、パーティーの開催回数ともに業界でトップクラスの実績を持つ婚活パーティーサービスです。利用者のほとんどが30代で、完全着席の1対1形式で行われるのが特徴です。

エクシオの婚活パーティーはハイクラス向けや外国人限定、自衛隊とのコラボパーティーなど、幅広いニーズに応えられるのが強みです。

youbride(ユーブライド)

youbride(ユーブライド)は運営歴が長く、会員の年齢層は20代~40代までほぼ同じ割合です。youbride(ユーブライド)では最初のいいねにメッセージを付けて送ることできるため、返信率が高くなります。

プロフィールは基本的な情報から結婚観まで項目が分けられており、検索をするときには細かく条件を絞ることができるため、理想の条件にあった相手を探しやすいです。

マリッシュ(marrish)

マリッシュはバツイチやシングルマザー・シングルファーザーを応援する婚活サイトで、対象者はポイントの増量、いいね送信数の増量など優遇されています。

有料会員になると、無料でアプリ内通話ができ、LINEで連絡先を交換しなくてもメッセージのやり取りができます。

ブライダルネット
ブライダルネットのバナー

ブライダルネットは大手結婚情報サービス”IBJ”が運営する婚活サイトです。月々2,600円なのに結婚相談所レベルの手厚いサポートを提供しています。

婚活のプロである”婚シェルからの相手紹介”をはじめ、マッチングにつながる”価値観マッチ”や”条件マッチ”など、出会いの可能性を広げる機能が人気です。

pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)は、累計会員数約1,000万人で、結婚した人・お付き合いに至った人は実に20万人にものぼります。

コミュニティ機能が非常に充実しており、”フランス料理好き”や”海外旅行好き”など、約30,000ものコミュニティが存在しています。共通の趣味をきっかけに自然と相手との仲を深めることができるマッチングアプリです。

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)は開発国のアメリカをはじめ、世界25ヶ国で利用されているマッチングアプリです。日本でも累計会員数が250万人を突破するほど人気となっています。

AIを使ったマッチングシステムを採用しており、ユーザーの行動履歴から好みの異性を推測して紹介するなど、アプリを使えば使うほどマッチング精度が向上していく仕組みです。

ラブサーチ

ラブサーチは約20年の経営実績を誇る老舗のマッチングアプリです。20~50代の真剣な出会いを求める人が多く在籍しており、マッチング不要でメッセージ交換ができます。

男女比率は4:6と女性が多いマッチングアプリです。ほとんどのマッチングアプリが7:3ほどの男女比であることを考えると、男性がアプローチしやすい・されやすいアプリといえます。

【コロナ禍でも安心!】オンライン婚活サービス一覧

「コロナ禍でも自宅にいながら婚活を進めたい」、そんな時はオンライン対応の婚活サービスに目を向けてみましょう。

婚活サイトやマッチングアプリは基本いつでもどこでも婚活が進められますが、昨今ではオンライン対応の結婚相談所や婚活パーティーも出てきています。

結婚相談所
(サポートを重視)
naco-do(ナコード)のバナー
naco-do(ナコード)

月額4,900円!
スマリッジのバナー
スマリッジ

24時間チャットサポート
フィオーレのバナー
フィオーレ

西日本特化型!
婚活サイト
(婚活を手軽に)


ブライダルネット

サポートNo.1!

youbride(ユーブライド)

人気No.1!

Match(マッチドットコム)

20~50代まで!
マッチングアプリ
(恋活を手軽に)

Pairs(ペアーズ)

会員数No1!

with (ウィズ)

DaiGoさん監修!

ラブサーチ

20年の運営実績!
婚活パーティー
(複数人と交流を)
PARTY☆PARTYのバナー
PARTY☆PARTY

業界最大手!
オトコンのバナー
OTOCON(オトコン)

均一価格!
エクシオのバナー
EXEO(エクシオ)
婚活セミナーあり!

お住いの都道府県で使える婚活サービス

お住いの都道府県別に詳細ページを用意しています。結婚相談所、婚活サイト・マッチングアプリ、婚活パーティー、街コン、自治体婚活サービスなど、婚活サービスは多岐にわたりどれが合うのかは人それぞれです。あなたにあう婚活サービスをみつけてみてください。

北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
北陸・甲信越新潟富山石川福井山梨長野
東海愛知岐阜静岡三重
関西・近畿滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国鳥取島根岡山広島山口
四国徳島香川愛媛高知
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

結婚相談所について

結婚相談所は、結婚を希望する独身男女へ結婚を前提とした出会いを提供し、成婚へと導くサービスです。お見合いの日程調整からお引き合わせ、結婚に至るまでのフォローなど、手厚いサポートを受けられるのが特徴です。

結婚相談所を利用するメリットは、結婚を真剣に考えている人が集まるため婚活がやりやすいことです。その他の婚活ツールでは結婚に対する真剣度が人それぞれであり、温度差が生まれてしまうこともあります。

一方、デメリットとなるのは料金面の負担が大きいことです。結婚相談所では専任のアドバイザーが担当者としてつき、相手紹介やお見合いの調整をしてくれるため、どうしてもサービス料が高くなるのです。

結婚相談所は主に”仲介型”、”ハイブリッド型”、”データマッチング型”の3種類に分かれ、データマッチング型<ハイブリッド型<仲介型の順番に料金が高くなります。

■仲介型

仲人と呼ばれる仲介人が担当者としてつく結婚相談所。丁寧なカウンセリングを実施し、相性のよい相手を紹介してくれたりお見合いの調整を図ってくれたりする。

■データマッチング型

プロフィールと希望条件を登録し、システムを介して相手紹介が行われる結婚相談所。仲介型と違い、基本オンライン上でサービスが完結するため、仲介型の約3分の1の料金で利用できる。

■ハイブリッド型

仲人型とデータマッチング型の特徴を兼ね備えた結婚相談所。システムを活用して相手検索ができ、かつ専任のカウンセラーからサポートも受けることができる。

結婚相談所は以下の人におすすめです。

  • 結婚を真剣に考えている人
  • カウンセラーに相談しながら婚活を進めたい人
  • 婚活にお金をかけられる人

結婚相談所のおすすめ記事

ベルロード縁結びサポートでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
フィオーレでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
naco-do(ナコード)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
結婚相談所ムスベルでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
ツヴァイ(ZWEI)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!

婚活サイト・マッチングアプリについて

婚活サイトマッチングアプリは、結婚をしたい男女が集まるネット上のコミュニティです。料金が安く24時間どこでも利用できるため、ユーザーが多いことが特徴です。

婚活サイトとマッチングアプリに明確な違いはありませんが、強いていえば、結婚に対する真剣度の違いが挙げられます。婚活サイトはyoubride(ユーブライド)マリッシュ(marrish)に代表されるように30~40代の真剣度が高いユーザーが多い傾向にあり、マッチングアプリはPairs (ペアーズ)with (ウィズ)のように恋愛がしたい20代のユーザーが多い傾向にあります。

システム上で気になる相手に「いいね!」を送り、受け取った相手からも「いいね!」が返ってきたら、マッチングが成立します。マッチングが成立すると個別にメッセージ交換ができるようになり、デートの日程を相談するなどして婚活を進めていく流れです。

婚活サイト・マッチングアプリは、身長やルックスなどのスペック面や、学歴・趣味・価値観などで細かく相手を絞り込めるメリットがある一方、相手を判断する要素がサイト上のプロフィールしかない点がデメリットです。

婚活サイト・マッチングアプリは以下の人におすすめです。

  • スマホ1つで気軽に婚活を進めたい人
  • 忙しくて結婚相談所や婚活パーティーなどに行けない人
  • 婚活費用を抑えたい人

婚活サイトのおすすめ記事

Match(マッチドットコム)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
ゼクシィ縁結びでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
エキサイト婚活での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
ブライダルネットでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
youbride(ユーブライド)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!

マッチングアプリのおすすめ記事

Ciel(シエル)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
Paters(ペイターズ)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
CROSS ME(クロスミー)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
Omiai(オミアイ)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
ラブサーチでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!

婚活パーティーについて

婚活パーティーは、結婚に前向きな男女10~20名ほどがパーティー会場に集まり、婚活ができるサービスです。複数の相手候補といっぺんにコミュニケーションを取ることが可能であり、効率的に婚活を進めることができます。

婚活パーティーは1対1の着席型パーティーが主流ですが、その他にも個室型パーティーや大人数型パーティーなど、種類がさまざまです。最近では趣味コンや体験型イベントなども多く、自然にコミュニケーションが取りやすいと人気になっています。

婚活パーティーは他の婚活ツールとは違い、すぐにリアルな出会いがあることがメリットです。対象はパーティーに参加している異性全員であり、複数の相手とトークをしてフィーリングが一致するかを確認できます。

一方で、デメリットは指定された日にパーティーへ出向く必要があることです。日々忙しく過ごしている人はスケジュール調整が大変かもしれません。また他の婚活ツールと違い、じっくりとプロフィールをみてから会うスタイルではなく、パーティー時間も1~2時間と限られているため、どうしても見た目を重視されがちな傾向にあります。

婚活パーティーは以下の人におすすめです。

  • 一度に数人と会って効率的に婚活がしたい人
  • 趣味嗜好があう相手をさがしている人
  • パーティーに出向く時間を作れる人

婚活パーティーのおすすめ記事

ナレソメでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
フィオーレパーティーでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
OTOCON(オトコン)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!
プレミアムステイタスパーティーでの婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!

婚活を上手に進めるための3つのポイント

婚活を上手に進めるポイントは、“婚活期間を定める”、”自分磨きをする”、”自分を分析整理する”の3つです。

1.婚活期間を定める

婚活期間を定めることは大切です。なぜなら、婚活を経て結婚に至った人の平均活動期間は6~12カ月だといわれており、期間を決めずにだらだらと婚活をしていても結果が出にくいからです。実際に、多くの結婚相談所ではお見合いをした日から3ヶ月以内のプロポーズが推奨されています。

もちろん、最適な婚活期間の明確な基準はありません。例えば20代前半なら、その時の感情を重視することなく、長い交際期間を経て結婚するのがよい場合もあるでしょう。しかし、アラサー以上の結婚適齢期といわれる年齢を迎えている場合、あらゆるリスクを懸念して慎重になりすぎているケースが散見されます。

結婚目的で真剣交際を始める以上、2~3カ月で決断できない場合の多くは、2年経っても3年経っても同じ結果になる可能性が高いです。

2.自分磨きをする

婚活をする以上、ただ単に出会いを求めるだけでなく自分磨きをすることが大切です。もちろん、自分磨きをすれば結婚できる可能性が高まるといった単純なものではありませんが、自分磨きをすることで自分に自信がつくことが何よりも大切なのです。

男性であれば、女性が楽しい時間を過ごせるようコミュニケーション能力を高めること、女性であれば、男性が好感を持てるよう美しい立ち振る舞いを身につけることなどを考えてみましょう。

自分磨きは婚活成功のための重要な要素となるはずです。

3.自分を分析・整理する

婚活は相手のことだけでなく、自分を分析・整理することが大切です。分析・整理することで得られるメリットは主に2つです。

  • 自分を知ることで、長所(短所を含め)を相手にアピールできる
  • 自分を知ることで、相手に求める条件も明確になる

相手に自分の良さをわかってもらうためには、まず自分のことを知らなければいけません。長所と短所を整理して相手にわかりやすく伝え、自分という人間を知ってもらいましょう。

また、自分を分析・整理することで相手に求める条件も明確になってきます。自分に足りない部分を補ってくれる存在なのか、ともに高め合っていける存在なのか、求める条件がブレないよう婚活していきましょう。

婚活にかかる費用はどれくらい?

婚活にかかる費用とは、大きく分けて”活動費”と”婚活ツール利用費”の2つです。活動費は、移動のための交通費やデートでかかる飲食費、身だしなみを整えるための服飾費(ヘアスタイル、洋服、メイク、アクセサリー、写真代など)などです。

特に男性はデート代を支払うことになるケースが多いため、予めどのくらいの費用がかかるかを想定し無理のない婚活プランを立てることをおすすめします。

そして、婚活を進めるにあたってかかせないのが各種婚活ツールの利用です。婚活サイトやマッチングアプリ、結婚相談所、婚活パーティーのうち、どれを利用するかで費用も大きく変わります。

ツール種別男性/月女性/月年間計(最安)
ペアーズのロゴ
Pairs (ペアーズ)
マッチングアプリ1,010円~無料12,120円~
ユーブライドのロゴ
youbride(ユーブライド)
婚活サイト2,400円~2,400円~28,800円~
PARTY☆PARTYのロゴ
PARTY☆PARTY
婚活パーティー3,000円~7,000円
※1回の参加費
1,000円~2,800円
※1回の参加費
12,000円~
※女性1回1,000円×12回
エン婚活エージェントのロゴ
エン婚活エージェント
結婚相談所(データマッチング型)13,200円13,200円153,800円
IBJメンバーズのロゴ
IBJメンバーズ
結婚相談所(仲介型)17,050円17,050円545,000円
※税込表記です。婚活パーティーは月に1回の参加として計算しています。結婚相談所の年間計は初期費用を含む料金です。

婚活で相手に求める3大条件

婚活で相手に求める3大条件は、“職業”、”年収”、”年齢”です。男性と女性では重視する条件に違いがあります。

1.職業

職業を条件とするのは女性に多い傾向があります。やはり職業は収入との関連性が高いため、安定した結婚生活には欠かせない要素と捉えられているようです。

女性が希望する男性の職業は、医師や公務員、弁護士などが人気上位を占めています。一方で男性が希望する女性の職業も医師や看護師、公務員などが上位にランクインしており、男女別の違いはそこまでないこともわかっています。

2.年収

年収も結婚の条件として挙げられる1つです。年収を条件とするのもどちらかといえば女性に多い傾向があります。女性は出産や育児を控えており、男性の収入だけでも生活ができるかどうかが1つの判断基準となっているようです。

ちなみに、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルの調査によると、女性が結婚相手に望む年収は1番人気が500万円以上、男性が結婚相手に望む年収の1番人気は”好きになったら収入は関係ない”という結果になっており、女性と男性では相手に求める収入に違いが出ることがわかっています。

参考:アニヴェルセル総研「結婚相手に求める年収、男性と女性ではこんなに違う!

3.年齢

年齢も結婚相手に求める条件の1つです。ただ、職業や年収はどちらかといえば女性が条件とすることが多い傾向にあるのに対し、年齢は男女ともに重要な条件として捉えられているという違いがあります。

男性の場合、子供が欲しかったり相手に従順性を求めたりする人が多いことから、比較的年齢が若い女性が人気です。

一方の女性は経済的な安定性を求めたり、頼れる・尊敬できるといった信頼性を求めたりする人が多いことから、20代よりも30代が人気となる傾向にあります。

婚活に使うプロフィールを上手に書くコツ

結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなど、どの婚活ツールを利用するにしても必要になるのがプロフィールです。プロフィールは婚活にとって非常に重要なものであり、魅力的に書けているかどうかで婚活が成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。

婚活を上手に書くコツは、主に以下の3つが挙げられます。

1.適切な長さにする

プロフィール文は、300~500字と適切な長さにまとめるのがポイントです。なぜなら、文章は短すぎると相手に熱意が伝わらず、長すぎると読むのが負担になってしまうからです。

プロフィール文は以下の流れで書くときれいにまとめられます。

1.挨拶→2.婚活のきっかけ→3.職業→4.趣味・特技→5.休日の過ごし方→6.自分の性格→7.相手への希望→8.終わりの挨拶

2.嘘をついたり誇張したりしない

プロフィールを書く時には、ありのままの自分を書くことを意識しましょう。相手によい印象を与えたいと思うあまり、ついつい嘘をついてしまったり誇張したりしてしまうと、実際に会ったときにかえって相手からの印象は悪くなります。

よりよく見せるためのコツは、“ほんの少しの言い換え”です。例えば、料理が好きなら「料理が得意」にしてみるとか、英会話スクールに通っているなら「英会話が好き」など、一段階上げた表現にすることで魅力度が上がります。

3.相手が知りたい情報を入れる

プロフィールには、相手が知りたい情報を入れましょう。例えば、趣味や特技の話で終始してしまっているプロフィールは、婚活に使えるプロフィールとはいえません。

趣味・特技の他にも、婚活をはじめたきっかけ、どんな仕事をしているか、休日は何をして過ごしているか、相手に求めることは何かなど、相手が知りたいと思うことをまんべんなく入れるようにしましょう。

婚活でのデートを成功させる5か条

婚活中のデートは結婚を意識したデートです。要は、結婚相手としてふさわしいかどうかを確認するために行われるものであるため、居心地のよさはもちろん、お店でのマナーや相手への気配りなど、さまざまな点に配慮しましょう。以下に婚活でのデートを成功させるための5か条を挙げてみました!

  • 事前準備は綿密に
  • デートプランを立てる
  • デート用のファッションに気を遣う
  • お互いに楽しくなる会話を意識して
  • デート後のお礼を忘れずに

デート前の準備は綿密に行いましょう。当日の会話をシミュレーションしたり、デートコースを考えたりとやることはたくさんあります。前日に相手へ連絡することも忘れないでください。

プランは時間に余裕を持ってスケジューリングしておくことがポイントです。食事中の会話が盛り上がったり、移動の途中で気になるお店に入ったりと、必ずしも予定通りに進むわけではありません。また、当日食事をするお店は予約しておくことをおすすめします。周辺のデートスポットなども調べておくとよいですね。

当日の服装は男性も女性もシンプルできれいめなファッションがよいでしょう。男性ならジャケットにパンツが王道であり、女性は特別感を演出するためスカートを履くのもよいと思います。

デート中の会話はお互いに楽しくなる話題を心掛けましょう。事前に相手のプロフィールをチェックし、好きな食べ物や趣味を把握しておくとよいです。こちらから話のネタを提供することも大切ですが、同時に相手にたくさん話してもらうことも忘れてはいけません。聞き上手になって相手からも上手に会話を引き出しましょう。

デート後には、次回のデートにつなけるためにも必ずお礼の連絡をしましょう!

婚活で告白するベストタイミングは?

婚活で告白するベストタイミングは、“3回目のデート”、”OKが出そうな雰囲気を感じ取った時”、”相手への気持ちが高まった時”などが挙げられます。

3回目のデート

婚活中の告白に最適なタイミングとして挙げられるのが、3回目のデートです。なぜなら、3回目は長すぎず短すぎずのちょうどよい回数だからです。1回目は相手のことをよく知り、2回目は仲を深めることを意識しましょう。そういったステップを踏み、3回目で告白するのが順番としては自然だと考えます。

ただし、3回目というのはあくまでも目安としてください。告白が早いと思うか遅いと思うかは人それぞれです。1・2回目でも雰囲気がよければ告白は成功しますし、4回目・5回目まで関係性を熟成させた方が成功率が高まる場合もあります。

要は、相手のことをよくみて冷静にタイミングを判断することが大切です。

OKが出そうなサインを感じ取った時

OKが出そうな雰囲気を感じたら、その日のうちに告白をすることも視野に入れましょう。例えば、相手から恋愛についての話題をよく振ってくる場合や、手をつなごうとしても拒否されない場合は、相手があなたに好意を持っている可能性が高くなります。

恋愛の話題が多いのは、心を許しているサインであるとともに、あなたの恋愛観を確かめているサインであるとも取れます。恋愛対象とも思っていない相手に恋愛の話をするのはなかなかに勇気がいることなのです。

また、手をつなぐなどのスキンシップはもっともわかりやすいサインです。婚活中のデートなので、恋愛・結婚は当然意識している関係性ですから、その上でスキンシップを受け入れるというのは心を許している証拠でしょう。

相手への気持ちが高まった時

相手への気持ちが高まったときも告白のタイミングです。  相手が好意を寄せてくれているかも大切ですが、自分自身の気持ちが盛り上がっているかどうかも冷静に分析しましょう。

相手への気持ちが中途半端なまま告白をしても失礼に当たりますし、仮に告白が成功したとしてもお付き合いの段階で壁にぶつかります。結婚したい願望が先走り、焦って告白をするのはNGです。

婚活で相手を傷つけないように断るポイント

婚活をしていると、どうしても相手に交際を断らなくてはいけないシチュエーションが出てきます。その際は、お互いに気持ちよく次のステップへ進めるよう、相手を傷つけないように断りましょう。以下のポイントを意識してみてください。

  • 相手の魅力を伝える
  • 自分が悪いことを伝える
  • 相手にあわせて断り方を変える
  • お礼→断り→謝罪→お礼の流れを意識する

相手の魅力を伝えることは効果的です。例えば、「○○さんは魅力的な人なので自分とは釣り合わない」といった表現は相手の自尊心を傷つけることなくお断りができます。同時に「私が未熟なばかりに…」や「私のわがままで…」といった表現も加えるとより良いでしょう。

相手にあわせて断り方を変えるのもポイントです。例えば、押しが強いタイプの人には「何度誘われても同じことです」とはっきり伝えた方が効果的であるケースが多く、寡黙なタイプの人には「誘ってくれてありがとうございます。しかし…」というように、断りの前に感謝を入れるのが効果的であるケースが多いです。

全体的には、【お礼→断り→謝罪→お礼】の流れを意識しましょう。【出会えたことに感謝している(お礼)→しかしお付き合いはできない(断り)→ごめんなさい(謝罪)→貴重な体験をありがとう、お互いに頑張りましょう(お礼)】

この流れを押さえておけば、基本的に相手を不快にさせずにお断りができるはずです。

婚活がうまくいかないときに確認したい5つの要素

婚活がうまくいかない原因には、“出会いのきっかけがつかめない”、”ネガティブな思考になっている”など、いくつかのことが考えられますが、そんな時には以下の5つの要素について考えてみましょう。

  • 出会いの場に積極的に参加する
  • 自分を超える条件を相手に求めない
  • 自分を磨いてポジティブな思考を保つ
  • 失敗を恐れない
  • 自分にあった婚活方法を選ぶ

出会いのきっかけがつかめない場合は、出会いの場に積極的に参加しているか、自分にあった婚活方法を選ぶことができているかなどを考えてみましょう。

また、婚活するにあたりネガティブな思考になっている場合は、自分磨きする、失敗を恐れないなどのマインドチェンジが必要かもしれません。

いずれにしても、婚活がうまくいっていない原因を分析し、何らかの行動に移すことを心掛けましょう。

タイトルとURLをコピーしました