PR

スピード婚ってどのくらい?結婚相談所ならスピード婚しやすい?スピード婚のメリット・デメリット

スピード婚ってどのくらい?結婚相談所ならスピード婚しやすい?スピード婚のメリット・デメリット婚活の基礎知識

スピード婚という言葉がありますが、果たしてどのくらいの交際期間で結婚するとスピード婚なのでしょうか。

この記事では、スピード婚の期間とスピード婚のメリット・デメリット、結婚相談所でスピード婚がしやすい理由、おすすめの結婚相談所などを詳しく紹介します。

スピード婚とはどのくらいの交際期間で結婚することなのか

スピード婚とはどのくらいの交際期間で結婚することなのか

スピード婚というと、どのくらいの期間を想像するでしょうか。3ヶ月でしょうか、6ヶ月でしょうか、それとも1年以内でしょうか。結論からいえば、スピード婚に明確な定義があるわけではありません。人それぞれ早い・遅いの基準が異なるからですが、一般的には1年未満の成婚を指すことが多いようです。

スピード婚のデータ
引用:株式会社リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2021

上記は結婚情報誌のゼクシィが、読者やネット会員向けに実施したアンケートです(回答数5,385件)。これによると、結婚までに付き合った期間としてもっとも多かったのが、2~3年未満、次いで1~2年未満となり、平均では3.3年という結果が出たとのことです。この結果からみれば、確かに6ヶ月~1年未満の結婚はスピード婚といえそうですね。

結婚願望がある人にとっては願ってもないスピード婚ですが、同時に多くの人が気になっているのが、結婚の継続性です。スピード婚は離婚の可能性も高いといわれがちですが、果たして本当なのでしょうか。

【PR】業界最大級94,000人の紹介可能人数を誇る結婚相談所ツヴァイ
ツヴァイのバナー
  •    業界最大級の紹介可能人数94,000人の中から理想の相手をみつけられる!
  •    カウンセラーが出会い・お見合い・交際をマンツーマンサポート!
  •    全国に52店舗を展開!地元エリアでも充実の婚活ができる

スピード婚は離婚しやすいって本当?

スピード婚は離婚しやすいって本当?

スピード婚と離婚率の関係性については、アメリカのエモリー大学に所属するAndrew Francis氏とHugo Mialon氏が3,000人の夫婦を対象に研究を行っています。その結果、”結婚前の交際期間は離婚率と反比例の関係にある”と結論付けられました。

つまり、交際期間が長ければ長いほど離婚率は低くなるということです。交際期間1年未満の離婚率は、交際期間1~2年よりも約20%、交際期間3年以上よりも39%も高い結果になったと発表されています。

この研究結果だけをみれば、長い交際期間を経た夫婦よりもスピード婚をした夫婦の方が離婚率は高いといえます。もちろんアメリカの研究結果であり、これが必ずしも日本人に当てはまるとは言い切れませんが、参考になるデータであることは確かです。

スピード婚の3つのメリット

スピード婚の3つのメリット

スピード婚と離婚率との関連性について理解したところで、スピード婚をするとどんなメリットがあるのかもみていきましょう。主なメリットは以下の3つです。

  • 結婚のタイミングを逃さない
  • 結婚後も恋人気分を味わえる
  • 余裕を持って将来設計ができる

1.結婚のタイミングを逃しにくい

スピード婚の一番のメリットともいえるのが、結婚のタイミングを逃しにくいことです。長くお付き合いをしていると色々なことが起きます。相手の仕事が忙しくなってしまったり、知らず知らずのうちに距離感ができてしまったりして、最悪の場合は別れることになってしまうこともあるものです。

スピード婚の場合、お互いに結婚を意識して一直線にゴールへと向かうイメージですから、心境の変化や関係性の悪化が起こりにくく、結婚のタイミングを逃しにくいといえます。

2.結婚後も恋人気分を味わえる

スピード婚はお付き合いから結婚までの期間が短いため、結婚後も恋人気分を味わえるのがメリットです。長年お付き合いをしていると、恋人気分はどうしても薄れてきやすいものですが、スピード婚の場合は恋人気分のまま結婚相手に変わるというイメージです。

結婚後も恋人気分を味わえることで、新婚生活が新鮮なものになるだけでなく、子供を授かるタイミングも早まる可能性があるなどたくさんのメリットが考えられます。

3.余裕を持って将来設計ができる

1年未満でスピード婚に至った夫婦と、4年の交際期間を経て結婚に至った夫婦ではその後の時間的な余裕に違いが出ます。当然ですが、早く結婚すれば子供のことやお金のことなど、夫婦の共同作業を早く始めることが可能です。

特に女性は子供のことについて時間的なリミットが決まっていますから、結婚生活が早く始められることは大きなメリットとなるでしょう。

スピード婚のデメリットは”相手への理解度が低くなりがち”なこと

スピード婚のデメリットは”相手への理解度が低くなりがち”なこと

スピード婚のデメリットは、相手への理解度が低くなりがちであることです。短い交際期間で結婚に至っているため、結婚後に相手の違う面がみえ離婚の要因となるケースが多いようです。

その点、長いお付き合いを経て結婚した夫婦は、相手の色んな姿を見た上で結婚に踏み切っています。よって、理想と現実のギャップが少なく、結果離婚率が低くなるという理論になるのだと思います。

だからといってスピード婚が悪く、交際期間が長い方がよいとも言い切れるものでもありません。先に紹介した通り、スピード婚にもたくさんのメリットがあるからです。

幸せなスピード婚のために必要なのは十分なコミュニケーション!

幸せなスピード婚のために必要なのは十分なコミュニケーション!

幸せなスピード婚に必要なことは、とにかくコミュニケーションです。スピード婚は、結果短い交際期間となりますから、相手のことをより深く理解しておく必要があります。少しでも気になることがあれば、相手に積極的に問いかけましょう。

家族や友人との関係性・他人への接し方を見極める

結婚相手となると相手の家族や友人に恵まれるかどうかも重要になってきます。両親や兄弟・姉妹はどのような人かを知っておくことで、結婚後に良好な関係を築くことができそうかイメージしやすいです。

また、他人への接し方も相手の人柄を見極める重要な要素です。例えば、お店の店員さんに横柄な態度を取るなど、親しい人間には優しくても他人には一切配慮がないというのは人間性に問題があります。

お互いの価値観を確かめておく

深い価値観の部分は実際に質問してみないとわからないことが多いです。例えば、”子供が欲しいのかどうか”、”住まいは購入するのか賃貸なのか”、”両親の老後の面倒は誰がみるのか”といったセンシティブなことは、事前に知っておくのがベストです。

また、金銭感覚も確かめておきましょう。金銭感覚に大きなズレが生じると、経済的に不安定になってしまったり、お互いにストレスを抱える原因になってしまったりと、何かとよくありません。

さらにいえば、金銭感覚にズレがあっても相手の意見を許容できるかどうかがより大切です。もともと違う環境で過ごしてきたわけなので、ズレがあって当たり前と相手を尊重できれば円満に議論ができるでしょう。

結婚相談所でスピード婚がしやすい3つの理由

結婚相談所でスピード婚がしやすい3つの理由

ここまでスピード婚についての理解を深めてきましたが、スピード婚を目指すのであれば結婚相談所を利用することも検討してみてください。結婚相談所は以下3つの理由により、スピード婚となりやすいです。

  • 本気で結婚したい人だけが活動している
  • 結婚相手を効率的にみつけることができる
  • 交際期間が定められている

1.本気で結婚したい人だけが活動している

結婚相談所はそもそも結婚を目的として婚活をする場です。よって、会員は本気で結婚したいと思っている人のみです。恋愛結婚と違って婚活に対する温度感に差が生じることがなく、最短で結婚へと向かっていくことができます。以下のデータをみてください。

結婚相談所の在籍期間に関するデータ
引用:株式会社IBJ(日本結婚相談所連盟)「2018年度版成婚白書」より

上記は、日本最大級の結婚相談所連盟を運営する株式会社IBJが公開している成婚者6,344人分のデータです。これによると、男女ともに6~7ヶ月程度で結婚に至る人が多いことがわかります。

また、お見合い回数は5~9回、交際日数は90~120日がもっとも多いとのことです。最初の3ヶ月で相手をみつけて、その後3ヶ月の交際期間を経て成婚するというパターンですね。

もちろん、早ければ3ヶ月で成婚という人もいますし、1年や2年活動をして成婚という人もいます。

2.結婚相手を効率的にみつけることができる

結婚相談所は入会時にプロフィールを作成します。プロフィールには顔写真に加え、年齢や居住地、職業や年収といった基本情報、それに血液型や趣味、休日の過ごし方なども事細かに記載されています。

結婚相談所では、そのプロフィールをもとにWeb上で相手さがしができる”お相手検索システム”を利用するため、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも婚活が可能です。

加えて、身分証明書はもちろん独身証明書や収入証明書など、その人を公的に証明する書類の提出も義務付けられています。よって、よくよく話を聞いてみたら事前に聞いていた人と違ったなどということもなく、理想の相手を安全にかつ効率よくみつけられるのです。

3.交際期間が定められている

結婚相談所でスピード婚がしやすいのは、交際期間が定められていることも大きなポイントです。期間は相談所によって違いますが、平均で3ヶ月間~6ヶ月間です。

これは人間の心理的な部分も大きく関係してきますが、期限があると具体的な行動に移しやすいといえると思います。期間に定めがない一般の交際であればタイミングを逸してしまうシチュエーションでも、結婚相談所であれば勇気を持って前進しやすいです。

もちろん、だからといって結婚したくない人と無理して成婚退会しなくてはいけないということではありません。交際期間内にどうしても結婚に踏み切れなければ、新しい出会いを求めて再スタートを切ることができます。

結婚相談所でのスピード婚なら離婚しにくい!?

結婚生活はそれぞれの夫婦によって千差万別であるため、結婚相談所でのスピード婚なら離婚しにくいとは言い切れません。しかし、結婚相談所での婚活は一般的な恋愛結婚とは違うアプローチとなるため、離婚しにくい要素があることも確かです。

先に説明した通り、結婚相談所では各種証明書の提出が必要です。よって、全員が自分の身分をしっかりと開示した上で出会いを求めているわけで、後からお互いの認識にズレが生じにくいといえます。

また結婚相談所での婚活は、条件で論理的に相手を判断するものです。一般的な恋愛結婚と比較し、より結婚相手にふさわしいかどうかを厳しく判断しているともいえます。よって、結婚後に想定外のことが起こりにくく、関係性が安定しやすいといえます。

スピード婚を目指せるおすすめの結婚相談所3選

最後にスピード婚を目指せるおすすめの結婚相談所を紹介したいと思います。スピード婚のメリット・デメリットを把握した上で、やはり早く結婚したいと思う人はぜひチェックしてみてください。

1.ツヴァイ(ZWEI)

ツヴァイのバナー

ツヴァイ(ZWEI)の基本情報

運営会社株式会社ZWEI
所在地全国41都道府県50店舗
紹介可能人数94,000人※1
料金300,300円~/年※2
出会える人数紹介数:随時/年
申込数:206~360人/年
公式サイトhttps://www.zwei.com/
※1 2023年3月時点のツヴァイ会員数とIBJ(日本結婚相談所連盟)会員数の合算値。
※2 ご紹介プランの場合。入会金115,500円+月会費15,400円×12ヶ月
キャンペーン内容

総額35,000円分】お見合いセッティング&ハンドメイドの相手紹介3回分をプレゼント!※詳細はこちら

  • 業界最大級94,000人の紹介数&累計成婚者数160,000人!
  • 両想いの相手を双方同時紹介!毎月最大6人
  • 全国に52店舗!身近な場所に出会いを求められる

ツヴァイは、業界最大級94,000人の会員を有する結婚相談所であるため、豊富な出会いに期待できます。累計成婚者数も160,000人を突破するなど、今もっとも勢いのある相談所の一つです。

ツヴァイの売りは、希望条件が両想いの相手を毎月最大6人紹介する”条件マッチング”です。双方同時紹介はツヴァイだけのオリジナルサービスであり、理想の相手をみつけやすい環境となっています。

全国42都道府県に52店舗を構えているため、身近な場所に出会いを求められるのも魅力です。困ったことがあれば、お近くの店舗でいつでも対面サポートを受けられるので、不安を解消しながら婚活を進めることができます。

ツヴァイ(ZWEI)の対応エリア

北海道・東北北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
北陸・甲信越新潟富山石川山梨長野
東海愛知岐阜静岡三重
関西・近畿滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
中国鳥取岡山広島山口
四国香川愛媛
九州・沖縄福岡佐賀長崎熊本大分鹿児島沖縄

2.ムスベル

ムスベルのイメージ

ムスベルの基本情報

運営会社ムスベル株式会社
紹介可能人数215,529人※1
料金349,800円~/年※2
出会える人数紹介数:随時/年
申込数:無制限/年※3
公式サイトhttps://www.musbell.co.jp/
※1 2023年9月時点の加盟連盟各社Webサイト掲載会員数
※2 カジュアルコースの場合。月会費15,400円×12ヶ月+初期費用33,000円+入会金132,000円
※3 JBUは1回の申込につき10名まで、回数無制限。BIUは月45名、IBJ・TMSは月各50名まで。地域によって例外あり。
  • 紹介可能な人数が215,529人だからたくさんの出会いに期待できる
  • 成婚者の60%以上がお見合い5回以内に成婚している
  • 婚活Labo(ラボ)の課題に特化した自分磨きが効果的

ムスベルは、北は東北から南は九州まで全国26都府県に41店舗を展開する大手結婚相談所です。紹介可能な会員数は215,529人と業界最大級の規模であり、多くの出会いに期待が持てます。

ムスベルで成婚した会員は60%以上がお見合い5回以内に成婚しているというデータがあります。これはムスベルが提供する出会いの質が高いことと、経験豊富な仲人がマンツーマンで細かなサポートをしてくれるからです。

2021年4月にリリースされた”婚活Labo”は会員専用のプライベートラボであり、無料で利用できます。毎月自分の強み・弱みを分析し、足りない部分のステータスUPをしながら婚活していくことができるのです。

ムスベルの対応エリア

北海道・東北岩手宮城福島
関東東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
北陸・甲信越富山石川山梨長野新潟
東海愛知岐阜静岡
関西・近畿大阪
中国岡山広島山口
四国愛媛
九州・沖縄福岡佐賀熊本大分

3.サンマリエ

サンマリエのイメージ

サンマリエの基本情報

運営会社株式会社サンマリエ
紹介可能人数86,002人※1
料金301,400円~/年※2
出会える人数紹介数:12~36人/年
申込数:120~480人/年
公式サイトhttps://sunmarie.co.jp/
※1 IBJ(日本結婚相談所連盟)の会員数を含む。IBJの会員数は2023年8月時点のもの。
※2 カジュアルコースの場合。入会金33,000円+初期活動費70,400円+月会費16,500円×12ヶ月
キャンペーン情報

【5大特典】乗り換え割、エリア割、20代割、ミドル割、ひとり親割あり※詳細はこちら

  • 創業41年の実績と業界最大級の紹介可能人数86,002人!
  • 多彩の8つの出会い方が効果的!交際まで平均1.6ヶ月
  • 少人数×専任担当制だから会員一人ひとりに手厚いサポートができる!

サンマリエは1981年に創業した41年の歴史を持つ老舗の結婚相談所です。日本結婚相談所連盟所属の相談所であるため、紹介可能人数は業界最大級の86,002人。たくさんの出会いのチャンスに恵まれます。

サンマリエでは、希望条件で相手を絞れる”データマッチング”、お見合いを前提にサンマリエから相手を推薦してもらえる”お見合い確定紹介”、AIが見た目や相性などを判断してくれる”AIマッチング”などをはじめとして、8つの多彩な出会い方があります。ゆえに、交際までの期間は平均1.6ヶ月。最短で理想の相手をみつけるための環境が揃っているのです。

また、大手にもかかわらずサポートは”少人数×専任担当制”と手厚いです。オリジナルの婚活プランを提示してくれたり、デートプランや交際中の悩みが相談できたりと、プロの仲人が会員一人ひとりに最適なフォローをしてくれます。

サンマリエの対応エリア

北海道・東北宮城山形
関東東京神奈川千葉埼玉群馬茨城
北陸・甲信越長野
東海愛知静岡
関西・近畿大阪京都兵庫奈良
中国岡山広島鳥取
四国
九州・沖縄福岡
※都道府県名をタップすると詳細ページへ遷移します

まとめ

スピード婚とは、主に1年以内の早い結婚を指すものです。スピード婚は結婚のタイミングを逃しにくいことや、余裕を持って将来設計ができるなどメリットも多い反面、データ的に離婚率が高いことなども紹介しました。

結論としては結婚までの交際期間は関係なく、最終的にはお互いを思いやる気持ちがもっとも大切なのだと思います。この人だという理想の相手がみつかれば、スピード婚に踏み切るのもありですし、じっくり相手のことを知る期間を設けるのもありです。

あなたにとって納得のいく婚活をしてみてください。

この記事を書いた人
keity

Sucma編集部・編集長。結婚相談所・婚活アプリ・婚活パーティーなど、婚活に関する記事を500記事以上執筆。自らも1年の婚活期間を経て、2016年に結婚。婚活体験を通して得た気付きをユーザーに還元するため、日々奮闘中。

keityをフォローする
婚活の基礎知識
keityをフォローする
Sucma

コメント

タイトルとURLをコピーしました