【2022年最新】バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティーランキング7選

再婚活向け婚活パーティーのイメージランキング

バツイチ(再婚活)に婚活パーティーを7社紹介します。婚活パーティーはバツイチ(再婚活)向けのイベントが多数あり、バツイチの人が婚活しやすいサービスです。

この記事では、バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティーの紹介に加え、婚活パーティーをおすすめする理由、上手な選び方、当日の流れ、マッチングのコツ、よくある質問なども解説しています。

【結論!】バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティー一覧

2022年現在、バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティーは“PARTY☆PARTY”、”街コンジャパン”、”OTOCON”です。

ブランド名公式サイト開催数(月)参加者数(月)料金バツイチ向けのイベント数
※2022/02/25時点
PARTY☆PARTYのロゴ
PARTY☆PARTY
https://www.partyparty.jp/4,000件以上66,417人男性:約3,000~7,000円
女性:約1,000~3,000円
109
街コンジャパンのロゴ
街コンジャパン
https://machicon.jp/約14,000件非公開男性:約3,000~6,000円
女性:約500~2,000円
108
OTOCON(オトコン)のロゴ
OTOCON(オトコン)
https://www.otocon.jp/約1,000件約11,690人男性:3,500円~
女性:500円~
非公開

バツイチの再婚活で成果を得られる確率は約45%!

引用:株式会社ネクストレベル「バツイチの婚活事情

上のグラフは、株式会社ネクストレベルが”婚姻歴のある20〜40代の男女251名”にアンケート調査を実施した結果です。

これによると、再婚活の経験がある人の中で、32.5%の人が「再婚できた」と回答しており、かつ12.5%の人が「再婚を考える恋人ができた」と回答しています。実に45%もの男女が再婚活で成果を得ていることとなり、再婚活者が2人いれば、1人は成功する確率であることがわかりました。

また、このアンケートに協力した251名の男女のうち、50%は”結婚したいが婚活をしていない”と回答しており、未活動の潜在層が多数いることも明らかになっています。

婚活パーティー参加者の42%はバツイチOK!

もう一つ、今回のテーマであるバツイチ(再婚活)の婚活パーティー参加に関するデータを紹介します。

日本最大級の婚活パーティープラットフォームを運営する株式会社オミカレが実施した婚活実態調査レポート(対象:437人の独身男女)によると、婚活パーティー参加者の42%(437人中182人)は”バツイチやシングルファーザー・シングルマザーの場合も結婚相手の対象になる”と回答したとのことです。

近年では若年離婚者が増加傾向にあることや、子育てや結婚に対する価値観が多様化していることもあり、以前よりもバツイチの再婚活が受け入れられやすくなっているといえます。

参考:株式会社オミカレ「オミカレ婚活実態調査

婚活パーティーをバツイチの再婚活におすすめする3つの理由

バツイチ向けの婚活パーティーをお勧めする理由

婚活パーティーをバツイチの再婚活におすすめする理由は、”バツイチ(再婚活)に理解ある人限定のイベントがある”、“短時間で複数の異性と会えるため効率的”、”パーティー1回毎の支払いのため婚活費を管理しやすい”の3つです。それぞれ詳しく解説します。

1.バツイチ(再婚活)に理解ある人限定のイベントがある

婚活パーティーには、バツイチ(再婚活)に理解ある人限定のイベントが用意されています。バツイチ向けのイベントは数も豊富であり、思い立った時にすぐ参加できる可能性も高いです。

バツイチの人が婚活にあたり気になるのが、”若い人や初婚の人が多いと浮く”といったことや”バツイチをカミングアウトするタイミングに困る”といったことではないでしょうか。

バツイチに理解ある人限定の婚活パーティーは、このような心配をすることなく、ポジティブに結婚相手をみつけることができます。

2.短時間で複数の異性と会えるため効率的

婚活パーティーは1時間~1時間半のイベントが大半です。日々仕事や育児に追われていたとしても、都合がよい時に少し時間を割くだけで参加することができます。相手と事前のやり取りも必要なく、当日会場に行くだけです。

また、婚活パーティーは1回のイベント参加で複数の異性との出会いがあります。一人ひとり確実に会っていく婚活手段もありですが、その場合相手と相性が合わなければ一からやり直しです。

しかし、婚活パーティーであれば複数の異性と実際に話してみて、もっとも相性がよいと思う相手へアプローチできるため、効率性の観点でも優れています。

3.パーティー1回毎の支払いのため婚活費を管理しやすい

婚活にかけられる費用は人それぞれですが、可能な限り抑えたいところです。婚活パーティーはパーティー1回毎の支払いで完結するサービスなので、婚活費を管理しやすいのが魅力です。

結婚相談所や婚活アプリは、毎月定額の活動費を支払うサービスであるため、フル活用してもあまり活用しなくても同じ金額です。あまり活用できなかった月はお金を無駄にしていると感じてしまうかもしれません。

その点、婚活パーティーは自分が活動できる分しか費用はかからないため、婚活費を無駄にしにくいメリットがあります。

婚活パーティーの注意点・デメリットは?

バツイチ向けの婚活パーティーの注意点

婚活パーティーの注意点・デメリットは、“婚活に真剣な人だけではない”、”人見知りだと上手にアピールできない可能性がある”、”見た目で判断されがち”の3点です。それぞれ詳しくみていきましょう。

1.婚活に真剣な人だけではない

婚活パーティーは費用が比較的安く、当日は身分証明書を提出するだけで参加できるなど気軽に利用できるサービスです。それだけに、パーティーの参加者は必ずしも婚活に真剣な人だけではありません。

まずは恋人さがしからという人もいれば、単に出会いを求めたいだけという人もいます。仮に参加者全員がそういったマインドの場合、真面目に婚活をしたい人にとっては無駄足だったということになりかねません。

ゆえに、パーティーのテーマ選びは大切です。先に”婚活パーティーをバツイチの再婚活におすすめする3つの理由”でも紹介した通り、バツイチに理解がある人限定のイベントを選ぶなどの対策が必要となります。

2.人見知りだと上手にアピールできない可能性がある

婚活パーティーは相手との事前のやり取りがなく、パーティー当日に初めて会う異性とコミュニケーションを取らなくてはいけません。ゆえに、人見知りの人は緊張もあり上手にアピールすることができない懸念があります。

ただし、近頃はコロナの影響がありオンラインイベントも増えているため、いきなり相手との直接対面を避けることも可能です。緊張してしまいがちな人は、オンラインイベントで相手とのフィーリングを確かめてみるのもよいでしょう。

また、パーティー中は基本的にスタッフが進行役として間に入ってくれます。参加者が孤立しないように配慮してくれるため、過度に心配する必要はありません。

3.見た目で判断されがちである

婚活パーティーは短時間で複数の異性と出会えることがメリットですが、その反面見た目で判断されがちな傾向にあるといえます。

結婚相談所や婚活アプリなら、アプローチする前にプロフィールで職業や価値観、趣味など見た目だけではない部分も確認し、総合的に判断します。また、実際に会うまで複数回のやり取りを交わすことで、相手のことを知る時間があります。

婚活パーティーは結婚相談所や婚活アプリと比較して、アプローチにかけられる時間が圧倒的に少ないため、どうしても見た目の印象で判断されがちになるのです。

【バツイチ(再婚活)向け】婚活パーティーの選び方4つ

バツイチ向けの婚活パーティーの選び方

失敗しない婚活アプリの選び方は、“再婚活向けのイベントが豊富な婚活パーティーを選ぶ”、”パーティーの質が高い大手婚活パーティーを選ぶ”、”婚活の真剣度が高いパーティーを選ぶ”、”相手の条件にこだわって選ぶ”の4つです。それぞれ詳しくみていきましょう。

1.再婚活向けのイベントが豊富な婚活パーティーを選ぶ

当然ながら、再婚活向けのイベントを開催している婚活パーティーは最有力候補です。再婚活向けのイベントは、再婚活者もしくは再婚に理解のある人だけが参加するため、圧倒的に相手をさがしやすくなります。

以下は再婚活向けのイベントが多い婚活パーティーです。ロゴをクリックorタップすると詳細をみることができます。

パーティー名再婚活向けのイベント数
エクシオのロゴ
EXEO(エクシオ)
135件
PARTY☆PARTYのロゴ
PARTY☆PARTY
109件
街コンジャパンのロゴ
街コンジャパン
108件
シャンクレールのロゴ
シャンクレール
57件
フィオーレパーティー
フィオーレパーティー
57件
※2022/2/25に各公式サイトで絞り込み検索した結果です

2.パーティーの質が高い大手婚活パーティーを選ぶ

大手婚活パーティーはたくさんの婚活者に選ばれていますが、それはパーティーの質が高いからです。大手婚活パーティーを利用するメリットは主に以下の2つが挙げられます。

  • サクラや既婚者が紛れ込んでいる可能性が少ない
  • スタッフの対応がしっかりしている

サクラとは、人数合わせや客寄せのため運営者側が仕込んだ人のことです。婚活パーティーにはサクラが存在しているのではといった疑惑は昔からありますが、あるとすれば参加者が全く集まらない小規模の婚活パーティーでしょう。

大手婚活パーティーはサクラを使わなくても十分集客ができており、そのようなリスクを取ることは考えにくいです。また、受付での身元確認もしっかりと行っているため、既婚者が紛れ込む可能性も極めて低いといえます。

そして、大手婚活パーティーはスタッフの対応がしっかりしているところも多いです。パーティーの円滑な進行はもちろん、1人参加で困っている人がいれば声掛けを行うなど、フォローが手厚いのが魅力です。

パーティー名開催数(月)参加者数(月)開催エリア
街コンジャパンのロゴ
街コンジャパン
約14,000件非公開47都道府県
PARTY☆PARTYのロゴ
PARTY☆PARTY
4,000件以上66,417人36都道府県81拠点
エクシオのロゴ
EXEO(エクシオ)
約2,000件約41,600人47都道府県92拠点
シャンクレールのロゴ
シャンクレール
約2,500件46,058人43都道府県114拠点
ホワイトキーのロゴ
ホワイトキー
非公開約19,000人全国41都市50拠点

3.婚活の真剣度が高いパーティーを選ぶ

先に”婚活パーティーの注意点・デメリットは?”でも書いた通り、婚活パーティーは必ずしも参加者全員が結婚を真剣に考えているわけではありません。そのため、婚活の真剣度が高い傾向にあるパーティーを選ぶのがポイントです。

おすすめは結婚相談所が運営する婚活パーティーです。結婚相談所が運営するパーティーは、結婚相談所の会員が参加していることも多く、必然的に真剣度の高い参加者が集まることが多いです。

結婚相談所が運営する婚活パーティー一覧

相手の条件にこだわって選ぶ

ただの恋愛ではなく結婚を真剣に考える以上、相手に一定の条件を求めるのは当然といえます。特にバツイチでお子さんがいらっしゃる人は、経済的な安定も求めたいですよね。

婚活パーティーによっては、大手企業や公務員、医師などハイステータスな男性しか参加できないものがあります。

【pickup!】プレミアムステイタスパーティー

月間開催数約100件
月間参加者数約6,600人
開催エリア7都府県18拠点
イベントカテゴリー年収1,000万、五大商社、医師、自衛隊、
男性高身長、美女限定、女医、看護師、
一人参加、スポーツ、婚活説明会、
婚活占い、テラスなど
料金男性:4,500~6,500円
女性:2,500~3,500円
返金保証
公式サイトhttps://www.statusparty.jp/
  • ハイステイタスな男性と人気職業の女性を結びつける街コン・婚活パーティーサイト
  • 100%自社主催イベント!年間1,200本以上開催、動員数80,000人以上を誇る
  • ドレスコードを設けるなど質の高いイベントだけを提供!

ただし、ハイクラスな男性限定ではない一般の婚活パーティーでも、”年収○○円以上”など、ハイステータスな男性限定の企画が用意されているので、この辺りは好き好きで選ぶことができます。

バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティーランキング7選

バツイチ(再婚活)におすすめの婚活パーティーを紹介します。開催数や参加者数、料金など数値化できる要素に加え、バツイチへの適正を加味し総合的に評価しました。あなたにぴったりのパーティーをみつけてみてください。

1.PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)

パーティーパーティーのイメージ
開催数4,000件以上/月
参加者数66,417人/月
開催エリア36都道府県81拠点
イベントカテゴリー相手の条件、年齢重視、価値観重視、
婚活ビギナー、合コン型、オンライン、
街コン・趣味コン、セミナーなど
料金男性:約3,000~7,000円
女性:約1,000~3,000円
バツイチ向けイベント数約109件/月
公式サイトhttps://www.partyparty.jp/
  • 業界最大手の株式会社IBJが提供する質の高い婚活パーティー
  • 豊富なパーティータイプから参加目的にあわせて選べる
  • 参加条件を企画毎に設定しているから価値観や趣味があう人と出会える

PARTY☆PARTYのバツイチ向けイベントを紹介!

パーティーパーティーのバツイチ向けイベント
料金男性:4,700円
女性:1,000円
参加条件男性:38~46歳
※婚姻歴があるor理解者&年収900万円以上or年収600万円以上&大卒
女性:36~44歳
※婚姻歴or理解者
特徴8対8、婚姻歴理解者

PARTY☆PARTYが開催する”再婚者でもOK”企画です。男女ともに婚姻歴がある人、もしくは婚姻歴に対する理解者というのが参加条件となっています。しかも、男性の年収は900万円以上、もしくは600万円以上とハイスペックな人限定です。相手へ条件を求めたい女性には最適な企画といえます。

この企画は”スマホでパーティー”というもので、自身のスマホからパーティー用のURLにアクセスすると、参加者のプロフィールが写真付きで閲覧できます。また、相手へ好印象を持っていることもスマホから送信できるため、恥ずかしがり屋さんでも上手にアピールできます。

2.街コンジャパン

街コンジャパンのイメージ
開催数約14,000件/月
参加者数非公開
開催エリア47都道府県
イベントカテゴリー初心者、1人参加、恋活パーティー
婚活パーティー、20代中心、30代中心
アラサー向け、友達作り社会人サークル
料金男性:約3,000~6,000円
女性:約500~2,000円
バツイチ向けイベント数約108件/月
公式サイトhttps://machicon.jp/
  • 全国No.1の掲載数を誇る巨大街コンポータルサイト
  • 自分の住んでいる地域のイベントがすぐにみつかる
  • 真剣な出会いもカジュアルな出会いもみつかる

街コンジャパンのバツイチ向けイベントを紹介!

街コンジャパンのバツイチ向けイベント
料金男性:6,000円
女性:500円
参加条件男性:35〜55歳
女性:34〜55歳
特徴着席型、再婚者&理解者、1人参加中心

街コンジャパンに掲載されている”再婚者・理解者の素敵な出会い☆1人参加中心”という企画です。素敵なパーティールームや人気の豪華披露宴を使用するお見合い形式のカップリングパーティーとなっています。

1年以内の結婚を目標とした真面目な恋愛がしたい人が多く集まるイベントです。女性はワンコインで参加できるため、常に人気で予約が殺到しています。

3.OTOCON(オトコン)

オトコンのイメージ
開催数約1,000件/月
参加者数約11,690人/月
開催エリア15都道府県28拠点
イベントカテゴリー半個室、お見合い、小規模、中規模
大規模、特別企画、全員と話せる、
セミナーなど
料金男性:3,500円~
女性:500円~
バツイチ向けイベント数非公開
公式サイトhttps://www.otocon.jp/
  • 業界最安水準の料金で参加しやすい
  • パーティーは基本小規模!1対1の自己紹介タイムで相手をしっかり知れる
  • スタイリッシュな雰囲気が魅力!参加者の魅力が生かせる横並びスタイル

OTOCONのバツイチ向けイベントを紹介!

OTOCONのバツイチ向けイベント
料金男性:4,000円
女性:500円
参加条件男性:40〜55歳
女性:40〜55歳
特徴再婚希望者&再婚理解者

オトコンの再婚希望者・再婚理解者限定パーティーです。オトコンは男性3,500円~、女性は500円~という安さで参加しやすいのが特徴です。

業界で初めて相手と2回話せるシステムを導入し、すべての人と必ずお話ができるため、初めて参加する人も人見知りの人でもパーティーを満喫できます。連絡先の交換も自由なので、出会いのチャンスをどんどん広げられます。

4. EXEO(エクシオ)

エクシオのイメージ
開催数約2,000件/月
参加者数約41,600人/月
開催エリア47都道府県92拠点
イベントカテゴリーレギュラーパーティー、個室パーティー
その他のパーティー、年代別、資格別、
趣味コン、セミナーなど
料金男性:4,500~7,500円
女性:1,500~3,000円
バツイチ向けイベント数約135件/月
公式サイトhttps://www.exeo-japan.co.jp/
  • 全国47都道府県でほぼ毎日イベントを開催中!
  • 企画が豊富だから希望条件にマッチした人と出会える
  • 出会いに関するセミナーも随時開催!婚活のスキルアップも図れる

EXEOのバツイチ向けイベントを紹介!

EXEOのバツイチ向けイベント
料金男性:5,500円
女性:1,500円(web予約で無料)
参加条件男性:28〜46歳
※大卒又は公務員又は年収350万以上
女性:28〜46歳
※独身社会人の方
特徴再婚希望&理解者、女性無料、個室パーティー

エクシオの専用会場、東京マリアージュで開催されている”再婚希望&理解者編”パーティーです。20代~40代までと幅広い年齢層の参加者がおり、希望の年齢の人へアプローチすることができます。

男性の参加条件が大卒または公務員、または年収350万円以上と明確に決められているのもプラスポイント。社会的ステータスのある男性と出会いたい女性に人気の企画です。

5. シャンクレール

シャンクレールのイメージ
開催数約2,500件/月
参加者数46,058人/月
※2020年7月の参加者数
開催エリア43都道府県114拠点
イベントカテゴリーオンライン婚活、初心者おすすめ、
結婚前向き、個室パーティー、
男性ハイステータス、平日休み中心
年の差パーティーなど
料金男性:3,000~7,000円
女性:500~1,500円
バツイチ向けイベント数約57件/月
公式サイトhttps://www.2400.co.jp/
  • 累計動員数が600万人を突破した婚活業界のパイオニア
  • 平均47%、最高84%と業界最高クラスのカップリング率
  • 体験型イベントやコラボイベントなど豊富な企画を開催中

シャンクレールのバツイチ向けイベントを紹介!

シャンクレールのバツイチ向けイベント
料金男性:5,800円
女性:500円
参加条件男性:30~49歳
※公務員or大手企業勤務or年収400万~600万or大卒or1人参加
女性:30~45歳
※バツイチor理解者の方
特徴再婚&バツイチ、個室

シャンクレールの再婚&バツイチ応援企画です。参加者全員が理解者なので、安心して出会いをさがすことができます。

男性は公務員もしくは大手企業勤務、年収400~600万円以上、大卒など、社会的ステータスを持っていることが参加条件です。女性は明確な条件はありませんが、バツイチもしくはバツイチに対する理解があることが参加条件となっています。

6. フィオーレパーティー

フィオーレパーティーのイメージ
開催数約1,000件/月
参加者数約11,000人/月
開催エリア全国17都府県
イベントカテゴリー開催確定パーティー、男性先行中、
女性先行中、タブレットパーティー、
個室スタイル、ハイステータス、
中高年対象、女性無料
料金男性:3,000~5,000円
女性:0~1,500円
バツイチ向けイベント数約57件/月
公式サイトhttps://fiore-party.com/
  • 全国29都市で開催!目的に合わせたパーティーがみつかる
  • カードやタブレットなど、自分にあわせてパーティースタイルを選べる
  • 婚活がうまくいっていない人もセミナー参加で婚活力アップ!

フィオーレパーティーのバツイチ向けイベントを紹介!

フィオーレパーティーのバツイチ向けイベント
料金男性:4,500円
女性:2,000円
参加条件男性:45~59歳
※年収450万円以上or大卒or大手企業勤務or公務員or
正社員かつ再婚者もしくは再婚に理解のある方
女性:40~55歳
※再婚者もしくは再婚に理解のある方
特徴再婚&理解者、個室婚活パーティー、感染症対策実施

フィオーレパーティーの”再婚理解者”パーティーです。参加者は40代・50代が中心と大人の真剣婚活を応援する企画となっています。パーティー会場はすべて半個室スタイルであるため、周りを気にすることなく相手とのトークを楽しめます。

また、参加者一人ひとりと1対1でトークが可能であるため、初めてでも安心です。相手とはプロフィールを交換して、気になったことや共通の趣味について楽しく盛り上がることができます。

7. ホワイトキー

ホワイトキーのイメージ
開催数非公開
参加者数約19,000人/月
開催エリア全国41都市50拠点
イベントカテゴリー個室スタイル、大型・大人数、
趣味コン、オンライン婚活
料金男性:3,500~5,000円
女性:500~1,500円
バツイチ向けイベント数非公開
公式サイトhttps://whitekey.co.jp/
  • 全国の主要都市41ヶ所で婚活イベントを開催。年間約250,000人が参加
  • サクラは一切なし!一般参加者のみだから安心して参加できる
  • 男女の人数バランス調整を徹底管理!カップル率が向上する

ホワイトキーのバツイチ向けイベントを紹介!

ホワイトキーのバツイチ向けイベント
料金男性:3,000円
女性:500円
参加条件男性:40~53歳
※大卒or公務員or経営者or会社役員or大手企業or商社or年収500万円以上
女性:37~49歳
※再婚者もしくは再婚に理解のある方
特徴婚姻歴あり&理解者、1対1、オンライン婚活

ホワイトキーでは、現在オンラインイベントを中心にバツイチ企画を開催しています。オンラインなので、自宅から参加できて安心・安全。料金も対面式のパーティーの半分くらいなのでお財布にも優しいです。

こちらのイベントでは全員とのトーク終了後、マッチングしたい異性の番号を第3希望まで書くことができるため、マッチング率も非常に高いことが特徴です。

婚活パーティー当日の流れ

婚活パーティー当日の流れは“受付”→”プロフィールカードの記入”→”自己紹介タイム”→”第一印象チェック”→”フリータイム”→”最終印象チェック”→”マッチング結果発表”の7STEPです。

ここでは婚活パーティーの一般的な流れを説明していますが、企画によってはこの限りではありません。詳しくは参加するパーティーの詳細ページで確認してください。

1.受付

パーティーの当日は会場に着いたらまず受付を済ませましょう。プロフィールを書く時間などを考えると、会場には開始15分前くらいに着いておくことをおすすめします。

受付では免許証や保険証など本人確認書類を提示する必要があります。持ち物チェックは家できちんとしてきましょう。受付での起票やプロフィール記入のためにボールペンが必要ですが、持参していかないと会場で購入となってしまうパーティーもあるので注意しましょう。

2.プロフィールカードの記入

プロフィールカードは名前や年齢、生年月日などの基本情報と、趣味や休日の過ごし方などの自己アピール情報を書きます。プロフィールカードは相手に見せることになるので、空欄を作らずに丁寧に書くのがポイントです。イラストなどを添えるとより良いでしょう。

3.自己紹介タイム

いよいよパーティーがスタート!まずは自己紹介からです。1対1の着席型パーティーであれば男性が女性のもとに順番に移動していきます。おおむね1人あたり5~10分のトークタイムとなるでしょう。

初対面の相手ですが、プロフィールカードから相手の情報を得られるので質問に困ることはありません。落ち着いて笑顔で話すことを心掛けてください。

人数が多めのパーティーの場合、誰がどんな人だったかなどの特徴を忘れてしまうことがあるため、相手の番号と印象をメモしておくことをおすすめします。

4.第一印象チェック

自己紹介タイムが終わると、第一印象チェックです。自己紹介タイムで気になった人、話がしやすかった人など好感を持った相手の番号を書きます。多くのパーティーでは、気になる異性にメッセージカードを書いて、それをフリータイムにスタッフが相手へ渡す形式のものが多いようです。

第一印象チェックはあくまで最終的なカップリング結果とは関係のない中間印象の確認なので、気軽に考えましょう。第3希望など複数の相手を記入できるパーティーなら、極力第3希望まで書いた方がカップリング率が高まります。

5.フリータイム

フリータイムでは自己紹介タイムで気になった異性ともう一度話すことができます。第一印象チェックで誰が指名してくれたかわかる状態なので、その人に絞って話すのもマッチング率が上がるためおすすめです。

フリータイムでは、自分を深く印象付けるためにも積極的にアピールしましょう。「この後もう少しお話しませんか?」、「カップリング希望であなたを書きます」など、わかりやすいアピールが効果的です。

6.最終印象チェック

最後にマッチングしたいと思う異性の名前と番号を書く最終印象チェックが行われます。パーティーによって異なりますが、第3希望まで選択できることがほとんどです。

せっかく参加した婚活パーティーなので、第1希望だけでなく友達からと思うくらいの人へもカップリング希望を送りましょう。出会いの輪を広げることにつながります。

7.マッチング結果発表

運営側が最終印象チェックの結果を集計し、いよいよマッチング結果が発表されます。マッチングした場合は個別に結果が発表されるなどプライバシーに配慮されています。

マッチング後は相手とお茶やお食事に出かけましょう。パーティー中に話したりなかったことやお互いの価値観、結婚観など深いテーマも話してみるとよいと思います。別れる際は連絡先を交換し次回のデートにつなげてください。

婚活パーティーでバツイチ(再婚活)の人がマッチングするための5つのコツ

再婚活向けの婚活パーティーでマッチングするコツ

バツイチ(再婚活)の人が婚活パーティーでマッチングするためのコツは以下の5つです。

  • 当日の服装にこだわる
  • プロフィールはできるだけ埋める
  • 相手との共通点に絞ってトークする
  • わかりやすいアピールをする
  • カップリング希望を書けるだけ書く

1.当日の服装にこだわる

「人は見た目が9割」といわれるくらい、第一印象から人物像を作り上げてしまうものです。ゆえに、当日の服装には最大限にこだわりましょう。

男性の場合はカジュアルであり、かつ清潔感を演出できるジャケットスタイルがおすすめです。ほとんどの女性はジャケットに対し好印象を持っているため、外しがありません。

女性の場合は初対面ということもあり、清楚感を演出するためスカートスタイルがおすすめです。2回目以降はパンツスタイルなどもありですが、最初の出会いはスカートスタイルの方が男性受けがよいでしょう。

お子さんがいる人が気を付けなければいけないのは、服装に生活感がにじみ出てしまうことです。日々の生活とは切り離した非日常の自分に変わることを意識しましょう。

2.プロフィールはできるだけ埋める

婚活パーティーでは、パーティーが始まる前にプロフィールを記入します。プロフィールは自分を知ってもらうための大切なツールなので、項目はできるだけすべて埋めるようにしましょう。

ポイントはできるだけ余裕を持って会場入りすることです。開始ギリギリに到着してしまうと焦ってしまい、よい内容のプロフィールが書けません。

3.相手との共通点に絞ってトークする

婚活パーティーの時間は平均で1~2時間と限られていますので、短時間で好印象を残すためにも相手との共通点に絞ってトークしましょう。相手の自己紹介やプロフィールカードから何らかの共通点は見出せるはずです。

こちらから共通点を提示してあげると相手もその後のトークがつなげやすく、会話が盛り上がります。特に出身地や趣味は共通の部分がみつけやすい項目なので、要チェックです!

バツイチやバツイチ理解者限定のパーティーであれば、話すべきテーマがはっきりしているため、通常のパーティーよりも会話に困りにくいといえます。最初からセンシティブな話題に突っ込むことは良くありませんが、現在の状況を知りたいという興味でライトな質問をする分にはOKです。

4.わかりやすいアピールをする

婚活パーティーでは相手に印象を持ってもらうため、わかりやすいアピールが必要です。例えば、「ぜひまたお話したいです」「第一希望に書こうと思います」などはわかりやすくてよいアピールといえるでしょう。

アピールすることが大切なのは、相手にも投票してもらう後押しになるからです。もしも相手が第一希望を迷っていたとしたら、「積極的にアピールしてくれたあの人にしよう!」となりやすくなります。

5.カップリング希望を書けるだけ書く

多くの婚活パーティーでは、最後に”カップリングタイム”があります。カップリングタイムでは、カップリングシートへ気になる相手の名前や番号を書くわけですが、大抵は第3希望くらいまで書くことができます。

カップリングシートには上限まで希望を書きましょう。なぜなら、仮に第一希望の人とカップリングできなかったとしても可能性が残るからです。婚活はとにかく可能性を広げる努力が大切なので、次につなげる意識を持っておきましょう!

【バツイチ(再婚活向け)】婚活パーティーのよくある質問10選

FAQ

婚活パーティーの利用を検討している人が疑問に思うことを厳選して紹介します。一般的な質問からバツイチ(再婚活)の人が疑問に思いやすいことまで、幅広く紹介しています。

1.身分証以外に必要な持ち物はありますか?

原則身分証以外に必要な持ち物はありません。ただし、”年収〇円以上の男性”など、パーティーへの参加資格に関わるケースでは年収を証明するために源泉徴収票などの提出を別途求められる場合があります。

2.パーティーの所要時間を教えてください。

企画や参加人数によって違いますが、概ねどのパーティーも1時間半~2時間ほどです。見事マッチングできた場合を想定し、当日はパーティー終わりの予定も空けておくとそのまま2次会に行くことができるためおすすめです。

3.バツイチであることを公表するのが怖いです

相手の心象を気にするあまり、バツイチであることを隠してしまう人もいますが、はっきりいって逆効果です。仮にバツイチであることを隠してマッチングできたとしても、仲が深まればいずれ打ち明けなければいけません。

バツイチであることをネガティブなことと捉えず、”過去に結婚できた実績がある”とポジティブに捉えましょう。ポジティブな姿勢は自信へと変化し、あなたをより魅力的にするでしょう。

4.バツイチの相手に対し、以前の結婚生活について触れてよいものでしょうか?

仲が深まるまでは、以前の結婚生活のことや子供の親権についてなど、深い質問は控えましょう。初対面であまりに立ち入った質問をすることは、相手に悪い印象を与えてしまいます。

その逆で、相手に聞かれてもいないのにこういったことを話し始めることもやめましょう。センシティブなことは交際に発展し、お互いに信頼関係ができた段階で少しずつ知っていけばよいと思います。

5.1人で参加したいのですが大丈夫ですか?

婚活パーティーの参加者のうち、約半数が1人参加だと言われています。多くの婚活パーティーではプロフィールカードや質問カードが用意されており、相手と楽しくトークできるようになっています。

また、パーティー会場では運営スタッフが待機しており、困ったことがあればすぐに助けてくれます。1人でも気兼ねなく参加してみてください。

6.料金はどのくらいですか?

婚活パーティーは男性と女性で参加費が違います。男性は平均3,000~6,000円、女性は500~3,000円が一般的です。中には女性無料のパーティーもあり、女性は婚活費を抑えて活動することができます。

7.人見知りで相手とうまく話す自信がありません…

パーティー会場で用意されている自己紹介カードには年齢や住まい、趣味、結婚観などたくさんの項目があるので話題に困りません。それでも異性とのトークに自信がないという人はスタッフに相談してみてください。間に入って上手にあなたの魅力を伝えてくれるでしょう。

パーティーによっては相手と十分に話ができなかった場合、メッセージカードにメッセージを添えて渡すことができる場合もあります。

8.キャンセルについて教えてください。

多くのパーティーでは期限内のキャンセルが認められています。キャンセルについての規定はパーティー会社・イベントにより異なりますので、イベントの詳細ページにてご確認ください。

パーティー開催の前日まではキャンセルを認めているケースが多いようです。一方で当日キャンセルはパーティーに参加しなくても全額を支払うケースが多いです。

9.遅刻してもパーティーに参加できますか?

10分や15分程度の遅刻であれば問題なく参加できます。もちろん、遅刻は参加者にも主催者にも迷惑がかかるため絶対にしないようにしましょう。

やむなく遅刻になってしまう場合は、イベントの詳細ページに記載されている運営の電話番号宛に遅れる旨を連絡してください。

10.支払方法について教えてください。

ほとんどのパーティー会社では“当日現金払い”、もしくは”クレジットカード決済”の2種類が用意されています。お好きな方を選択ください。

万が一参加をキャンセルした場合、クレジットカード決済なら返金されないだけで終わりますが、当日現金払いを選択していた場合は運営の銀行口座へキャンセル料を振り込まなくてはいけないため、若干手間になります。

まとめ

昨今の婚活パーティーでは、バツイチ(再婚活)に理解ある人限定のイベントが多数企画されています。最初からテーマが明確であるため、バツイチをカミングアウトする労力が軽減されますし、初婚の人に対して引け目を感じることもありません

また、婚活パーティーは短時間で複数の異性と交流を持つことが可能であるため、効率的に婚活できます。日々忙しく過ごしている人にはぴったりの婚活手段です。

最後にバツイチ(再婚活)の人へおすすめの婚活パーティーTOP3の特徴をおさらいしたいと思います。あなたに素敵な出会いがありますように。

ブランド名公式サイト開催数(月)参加者数(月)料金バツイチ向けのイベント数
※2022/02/25時点
PARTY☆PARTYのロゴ
PARTY☆PARTY
https://www.partyparty.jp/4,000件以上66,417人男性:約3,000~7,000円
女性:約1,000~3,000円
109
街コンジャパンのロゴ
街コンジャパン
https://machicon.jp/約14,000件非公開男性:約3,000~6,000円
女性:約500~2,000円
108
OTOCON(オトコン)のロゴ
OTOCON(オトコン)
https://www.otocon.jp/約1,000件約11,690人男性:3,500円~
女性:500円~
非公開
【pickup!】オーダーメイド婚活ができるオンライン結婚相談所スマリッジ
スマリッジのバナー
  •    料金は年間125,400円のみ!結婚相談所のサポートが安く受けられる!
  •    今話題のオーダーメイド婚活で自分だけの婚活ライフが手に入る!
  •    結婚カウンセラー資格を持ったアドバイザーがチーム体制でサポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました