Dine(ダイン)での婚活はあり?口コミ・評判・料金を総合評価!

Dineのイメージマッチングアプリ
運営会社株式会社Mrk&Co
目的恋活
会員数(累計)非公開
料金2,400円~/月
※ゴールド会員12ヶ月プランの場合
男女比6:4
年齢層20代:男性のイメージ男性のイメージ男性のイメージ男性のイメージ男性のイメージ女性のイメージ女性のイメージ女性のイメージ女性のイメージ
30代:男性のイメージ男性のイメージ男性のイメージ女性のイメージ女性のイメージ女性のイメージ
40代以上:男性のイメージ女性のイメージ
マッチング実績毎月15,000人がリアルに出会っている
※運営元にて2020年9月の飲食店予約代行数により集計
特徴・マッチングと同時にデート日程を決められる
・初めて会う場所が飲食店だから安全に出会える
公式サイトhttps://dine.app/
  • マッチング後の面倒なやり取りなし!お店で会うまでをアプリが自動調整
  • 「今日会いたい」、「オンラインで会いたい」など希望に合わせて選べる
  • 実際に会うのは公の場である飲食店!だから安全に出会える

Dine(ダイン)の特徴

Dineは「出会いの、最短距離。」をキャッチコピーに、男女の「まず会いたい」という希望を叶える画期的なマッチングアプリです。マッチング後の面倒なやり取りは必要なく、異性と会うまでの調整はすべてアプリ側でやってくれます。

Dineは日々忙しく過ごしていて先々のスケジュールが読めない人にもぴったり。「今日会いたい」という希望を持った男女も上手にマッチングします。また、「いきなり知らない人に会うのは不安」や「家から安全に恋活したい」といった人にはオンラインデートという選択肢も提供するなど、自分に合った使い方ができます。

実際に異性と初めて会うのは公の場である飲食店です。お店はDineの独自審査を通過したおすすめのみに限定されているため、安心して会うことができます。

Dine(ダイン)の代表的な機能を紹介!

Dineの代表的な機能は、“プロフィール写真判定”、”自動日程調整”、”飲食店の予約代行”、”レコメンド機能”、”人気の異性へ優先アプローチ”の5つです。これらの機能を活用することで、出会いの可能性を大きく高めることができるため、しっかり理解しておきましょう。

1.プロフィール写真判定

Dineの機能1

Dineではプロフィール写真をシステムが自動判定してくれます。客観的な視点で、第三者から人気度の高い写真かどうかがわかるため、非常に参考になる機能です。

マッチングアプリでマッチング率を高めるためには、魅力的な写真を掲載することが何よりも大切です。積極的に活用していきましょう。

2.自動日程調整

Dineの機能2

冒頭でも紹介した通り、Dineではマッチング後の面倒なやり取りが必要ありません。一般的なマッチングアプリでは当人同士でやらなくてはならない日程調整も、Dineではシステムが分析して最適な日時を提案してくれます。

3.飲食店の予約代行

Dineの機能3

こちらも冒頭で紹介した通りです。Dineでは飲食店への予約電話もスタッフが代行してくれます。これによりユーザーの手間が省かれるだけでなく、予約に関わるトラブルなども未然に防ぐことになり安全です。

4.レコメンド機能

Dineの機能4

Dineのもっとも特徴的な機能の1つがレコメンド機能です。Dineには、マッチングアプリにおいて一般的な検索機能がありません。これは検索に時間を奪われることなく、相手のよい相手とたくさん出会ってほしいという運営の願いからです。

検索機能が無い代わりに、アプリがユーザー1人ひとりにおすすめの人をデータベースから抽出し、毎日紹介してくれます。

5.人気の異性へ優先アプローチ

Dineの機能5

こちらもDineならではの機能で、異性から人気の高いユーザーを表示してくれます。人気のある異性へ優先的にアプローチしたい人はぜひ使ってみてほしい機能です。ただし、この機能はプラチナム会員のみが利用できるものとなっています。

Dine(ダイン)の料金

ゴールド会員

25歳以下26歳以上
1ヶ月プラン3,900円/月6,500円/月
3ヶ月プラン3,300円/月4,800円/月
6ヶ月プラン2,900円/月3,800円/月
12ヶ月プラン2,400円/月2,900円/月

プラチナム会員(オプションプラン)

1ヶ月プラン6,500円/月
3ヶ月プラン4,800円/月
6ヶ月プラン3,800円/月
12ヶ月プラン2,900円/月

Dineの料金プランは、25歳以下or26歳以上の2つに分かれます。25歳以下だと非常に安く使うことができ、1ヶ月プランで比較すると2,600円もの開きが出ます。

また、月額料金+オプション料金を払うことでプラチナム会員になることができます。ゴールド会員でもほとんどの機能を使うことができますが、プラチナム会員になるとさらにマッチング率を高める機能が利用可能です。

ちなみにゴールド会員は、”友達紹介ボーナス”を利用すると1週間の無料期間がプレゼントされます。

Dine(ダイン)のコインについて

Dineでは、ゴールド会員もしくはプラチナム会員になるとコインが無料配布されます。コインを使うことで以下のような特別な機能が使えるようになるので、要チェックです!

スペシャルリクエストマッチング率が高まる特別なリクエスト。
すでにリクエストを送った異性にもうひと押しできる。
Today’s Picksの追加Today’s Picksで閲覧できる異性を追加できる。
1日10人→15人に。
Dine Tonightの募集その日の夜にデートできる相手を募集できる。
1日1回無料。

無料会員と有料会員の違い

機能無料会員ゴールド会員プラチナム会員
Today’s Picksの閲覧
マッチング
Dine Tonightへの応募
デート
デートの日程調整×
メッセージ×
レストランの予約代行×
コインの利用×
Top Picks(人気会員)の閲覧・リクエスト××
シークレットモード××

無料会員とゴールド会員、プラチナム会員でできることを比較してみました。無料会員は有料会員とのマッチングや、今夜のデートのお誘いへ応募することなどができます。相手が有料会員であれば、実際にデートすることも可能です。

ただし、日程調整やメッセージは有料会員でなければできません。自分主導でアプローチをしたいなら、有料会員になることを検討しましょう。

ゴールド会員以上の有料会員になると、レストランの予約代行ができたりコインが利用できたりするようになります。さらに、プラチナム会員になれば人気会員の閲覧・リクエストや、特定の相手にしかプロフィールが表示されないシークレットモードなども利用可能です。

Dine(ダイン)と他社の比較

会員数(累計)料金(有料会員)男女比年齢層特徴
Dineのロゴ
Dine
非公開2,400円/月~6:420代:約50%
30代:約40%
40代以上:約10%
・マッチングと同時にデート日程を決められる
・初めて会う場所が飲食店だから安全に出会える
アンジュのロゴ
アンジュ
44.7万人2,900円/月~6:430代:約30%
40代:約25%
50代以上:約20%
・30代以上の真剣な相手さがしができる
AIがマッチングしやすい相手を推薦
Paters(ペイターズ)のロゴ
Paters(ペイターズ)
約30万人5,400円/月~3:7男性:30~60歳がメイン
女性:20~30歳(18歳~24歳が80%)
1,200万と圧倒的なマッチング実績

Dineをアンジュ、Patersと比較しました。Dineのもっとも特徴的なところは、婚活や恋活につながるデートに特化している部分です。とにかく異性と早く出会うことに力を入れているため、面倒なやり取りは必要ありません。

もう一点、利用ユーザーが圧倒的に若い層であることも特徴的です。アンジュやペイターズは30代を中心に40代以上の会員も一定数いますが、Dineは約90%が20~30代です。

料金は3社中もっとも安い2,400円でした。これも若い人が利用しやすい要因です。ただし、会員数は3社中唯一非公開でありどのくらいの人が利用しているのかという目安がありません。毎月15,000人が出会っているという事実だけは公開されています。

Dine(ダイン)の口コミ・評判

Dineのよい口コミと悪い口コミから特徴を探ってみました。

Dineのよい口コミ

女性のイメージ一年くらいでリモート含め30名くらいの方にお会いできました

アプリはフリーズしたり、不安定なところもありますが、簡単にマッチでき、一年くらいでリモート含め30名くらいの方にお会いできました。お付き合いも何度かあります。友人に紹介したら友人も同じ感じで、喜んでいました。 コンセプトがデート前提なので、デートにこぎ着けるまでのやり取りの煩わしさがないので、とてもいいアプリと思います。

引用:GooglePlay

男性のイメージメッセージでのやりとりが苦手な人でも使いやすい

合う前提で気軽に使えること、メッセージでのやりとりが苦手な人でも使いやすいことが良い点だと思った。

引用:GooglePlay

男性のイメージ毎月の料金を考えるとおすすめです

ふとっちよで身体に障がいのある私でも、良い方に会えました。毎日10人のデータが送られてくるので、プロフィールや写真で相性のよさそうな方や好みの方に申込ができるので、毎月の料金を考えるとおすすめです。

引用:GooglePlay

口コミの内容はあくまで個人の意見・感想です。マッチングアプリに対する満足度には個人差があります。

Dineのよい口コミには、“簡単にマッチできて実際に会えた”、”メッセージが苦手な人でも使いやすい”、”相性のよさそうな人や好みの人がわかりやすい”などが挙げられていました。

よい口コミには総じてDineの特徴が色濃く反映されていました。Dineはデートに至るまでの煩わしいやり取りや相手検索が省かれたマッチングアプリです。出会えた人は簡単にマッチングできたと感じる人が多いようですね。

一般的なマッチングアプリはマッチング後に異性とメッセージのやり取りが必須です。メッセージが苦手な人にとってはハードルが高い部分もありますが、Dineなら安心して使えるでしょう。

毎日の異性紹介も自分に合う人がわかりやすいと評判でした。たくさんの相手から希望条件に合わせて選べるのがマッチングアプリのよいところではあるものの、選択肢があり過ぎることで迷ってしまう人も多いのだと改めて感じました。

Dineの悪い口コミ

男性のイメージ普通に街コンやパーティーに出た方が

デートやアプリの仕組みは悪くないと思うのですが、男性側としては高いレストランで割り勘or奢りにして、マッチングの手間とパケ写詐欺のリスクを踏むぐらいなら、普通に街コンやパーティーに出た方が、同じコストか、より安くて色んな人と知り合えるんですよね。

引用:GooglePlay

男性のイメージ3秒でスワイプが終わることも。。。

他のアプリでは検索条件に沿って一覧表示されますがダインの場合これがなく、運営のオススメ(条件は指定可能)が1日数人ランダムで表示されます。

課金していますが、あんまり関係なくて数人のスワイプが終わったらまた明日まで表示されません。有料トークンを消費すれば5人新規でまた紹介されますが、5人ともパッとしないなんてことも多々あり3秒でスワイプが終わることも。。。

引用:App store

女性のイメージ無法地帯であることは留意しておいたほうが良いかもしれません

むしろちゃんとした人と会えると好印象を持っていましたが、先般下心100%(事前にホテルチェックイン済、だまし討ちされそうになりました)の方に遭ったため、その旨運営に報告しました。しかし措置が取られる気配は一向になく…運営が機能しておらず、無法地帯であることは留意しておいたほうが良いかもしれません。

引用:GooglePlay

口コミの内容はあくまで個人の意見・感想です。マッチングアプリに対する満足度には個人差があります。

Dineの悪い口コミには、“街コンや婚活パーティーの方が安い”、”相手候補が少ない”、”運営の対応に疑問”などが挙げられていました。

Dineは月額料金はさほど高くありませんが、男性の場合デートで食事代を全額出すことも多いため、トータル的に金額が高く付くと感じている人も多いようです。

また、おすすめの相手が表示されるシステムがよいと感じる人もいれば、物足りないと感じる人もいるようですね。気になる相手が表示されればよいですが、そうでなかった場合は相手検索の方が便利だと感じるケースもありそうです。

Dineは飲食店でのデートから出会いがスタートするというコンセプトであり、安全面には運営も自信を持っています。しかし、お店を出てからは当人同士の問題であるため、怖い思いをした女性もなかにはいるようです。

今回紹介した口コミでは、通報してもすぐに対応してくれなかったということで不信感につながってしまったようですね。

Dine(ダイン)を利用する流れ

Dineを利用する流れは、”インストール・会員登録”→”プロフィール作成”→”お店の選択→”デートに誘う”→”日程調整”→”飲食店で会う”の6STEPです。

【STEP1】インストール・会員登録をする

Dineを利用する流れ1

まずはDineのアプリをインストールしましょう。FacebookやTwitterなどのSNSアカウントで認証する方法と電話番号で認証する方法があります。

SNSアカウントでの登録が簡単で早いのでおすすめです。当然ですが、Dineへの登録がSNSに投稿されることはありません。

【STEP2】プロフィールを作成する

Dineを利用する流れ2

会員登録が済んだらプロフィールを作成していきます。まずは名前、生年月日、性別、恋愛対象などの基本情報を登録します。その後、職業や年収、身長や血液型といった詳細なプロフィールを登録していきます。

写真は一枚だけでなく、できれば色んな角度や場所で撮ったものを複数枚掲載しましょう。マッチング率が高まります。

【STEP3】お店の選択をする

Dineを利用する流れ3

次にお店の選択です。プロフィール作成の時に出会うエリアを選択しているため、お住いのエリアでおすすめのお店が表示されます。気に入ったお店を10個選択しましょう。

Dineでは、”オンラインDine”というビデオチャットを利用したオンラインデートが楽しめます。家から安全に出会いたいという異性も多いため、こちらも選択しておくことをおすすめします。

【STEP4】デートに誘う

Dineを利用する流れ4

お店の選択が完了したらいよいよ準備完了です。今日のおすすめから気になる異性へ積極的にアプローチしてきましょう。画像の通り、Dineでのデートの誘い方はお店カードを相手に投げる(スワイプする)ことです。

プロフィールの下に予め選んだお店の中から、3つのお店がピックアップされるので、行きたいお店を相手の写真へスワイプしましょう。

【STEP5】日程調整する

Dineを利用する流れ5

デートに誘って相手も会いたいという意思を示してくれたらマッチング成立です。マッチングしたら日程調整をしていきます。メッセージで候補日をいくつか相手に伝えましょう。調整が完了したらデートの約束が完了です。

【STEP6】飲食店で会う

Dineを利用する流れ6

当日はお店で相手とデートを楽しむだけです。Dineが厳選した雰囲気のよいお店で、心ゆくまで異性との会話を楽しみましょう。

Dine(ダイン)のよくある質問10選

FAQ

Dineの利用を検討している人が疑問に思いやすい質問を厳選して紹介します。

1.Dineはどこの地域でも使えますか?

2022年現在、Dineは東京・大阪・福岡・名古屋で利用可能となっています。順次サービス地域を拡大予定とのことです。ちなみに、北米版はアメリカとカナダの主要都市にて利用可能です。

2.自動並び替えとは何ですか?

各写真に対するユーザーからの投票をもとに、人気のある写真から順番に写真を並べ替える機能です。各写真には”♡〇〇%”という値が出ていると思いますが、これが写真の人気度です。人気度の低い写真は他の写真と交換することで、マッチング率をさらに高めることができます。

3.検索条件について教えてください。

Dineにはスマート検索条件機能というものがあり、ユーザーの好みをアプリが学習してToday’s Picksの品質を向上させることが可能です。

具体的には表示される異性の写真をみて、自分の好みかどうかを上下スワイプで判定していきます。その中から、あなたが”Like”と選択したユーザーの情報をもとに、Today’s Picksで紹介される異性をアプリ側が選別してくれます。

4.スキップしてしまったリクエストをみたいのですが…

Dineでは一度スキップしてしまった相手を再表示することはできません。これはリクエストをスキップされた側も同様です。異性のスキップ操作は慎重に行ってください。

5.間違えてマッチングしてしまった場合はどうすればよいですか?

相手に一言お断りを入れた上でマッチ解除を行ってください。デート日が決定していない段階であれば、マッチ解除しても問題ありません。

6.遠くの人が表示されることがあるのですが、なぜですか?

Dineは全国47都道府県に対応しているわけではないため、その人にマッチする相手がエリア内に見つからない場合、稀に他の地域の人が紹介されることがあります。

7.Dineのセキュリティ管理はどうなっていますか?

Dineでは登録にログイン認証が必要であり、登録後の監視体制もしっかりと構築されています。不正ユーザーとみられるアカウントを発見した場合は、プロフィールページから報告を行うとDineの運営側が責任を持って審査してくれます。

8.デート保証とは何ですか?

6ヶ月以上のプランに加入したユーザーを対象として、加入月×1回(6ヶ月プランなら6回)のデートが保証されるサービスです。万が一有料会員になったにもかかわらずデートが実現しなかった場合は、無料で加入月×0.5の契約期間が延長されます。

9.休会制度はありますか?

ありません。ただし、数日間ログインしなければ基本的に異性には紹介されなくなるため、実質休会と同じような状態になります。(料金はかかります)

もしくはプラチナム会員であればシークレットモードが使えるため、特定の相手にしか表示されない状態が作り出せます。

10.前日や当日に相手と連絡が取れなくなってしまったのですが…

予約が完了している場合は、基本的に時間通りに直接お店に向かってください。自己判断でお店へ行かなかった場合、キャンセル料を負担しなければならなくなります。

Dine(ダイン)の総評

Dineを使ったり調べたりした結果、以下のような特徴があることがわかりました。

  • デート特化型のマッチングアプリ!とにかく早く会える
  • オンラインデートも可能!直接会う前に相手のことを知れる
  • 自分主導で相手さがしをしたい人には物足りないかも?

Dineは一般的なマッチングアプリと違い、とにかくデートに特化しています。マッチング後の余計なメッセージのやり取りは不要で、日程調整から食事の予約もアプリで完結します。

婚活パーティーなどに比べて、相手さがしやメッセージのやり取りなど、会うまでのやり取りが多いのがマッチングアプリのデメリットといえますが、Dineはとにかく早く対面できることに重きを置いています。

オンラインデートができるのもDineが優れている部分だと感じました。一般的なマッチングアプリでは、実際に会ってみないと相手の印象がわからないところがありますが、事前に顔を合わせることで本当に会いたい異性とだけ会うことも可能です。

ただし、自分主導で相手さがしをしたい人には物足りなく感じることもあるのかと思いました。悪い口コミにもありましたが、基本的にはDineから紹介された異性にアプローチするかしないかの選択となるからです。

気に入った相手がいなかった場合は、その日の活動が秒で終わってしまうこともあり得ます。相手検索などで自分に合った相手をじっくりみつけたい人は他のマッチングアプリを検討してみてもよいかもしれません。

Dineに向いている人は?

デート特化型のアプリであること、オンラインデートが可能であること、自分主導で相手さがしができないことなどを考えると、もっともDineに向いている人は今すぐに会える相手をさがしたい人・自宅から安全に相手さがしをしたい人・おすすめの相手をアプリに提案してもらいたい人だといえます。

Dineはその日に恋活をしたいと思い立っても、すぐに対応できる機能があるなど忙しい人でも使いやすいです。また、初めて会う場所が飲食店なので、女性も比較的安心して使えるメリットがあります。

あなたもDineで魅力的な異性をさがしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました